躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

UberEATS

 

昼に、お腹は空いたが外に出る元気はなかったので、初めてUberEATSで出前を頼んだ。タコライス大盛り。1,176円(500円割引使用)。20分で来た。料理は美味しかったし、楽だった。

 

UberEATSとは、ハイヤー配車サービスのUberが行なっている食べ物の出前。専用のアプリで店と料理を選んで決済する。すると配送料380円で料理が届けられるというもの。

 

配送料380円は高いと思うかもしれないが、普通、店の独自の出前を頼んだら、注文の最低金額をクリアしなければならない。マクドナルドもピザ屋もだいたい1,500円に設定されている。ハンバーガーもピザも一人暮らしでそんなに食べられるものではない。UberEATSならそれ以下の金額で注文できるのだ。しかも、注文の状況、今どこを走っているのかもアプリで常時知ることができる。

 

思ったより届くのが早かった。ただ、配達してくれたのは中肉中背、薄汚い半袖半ズボンの普通のオッサン。UberEATSに登録したアルバイトなのだ。店の出前のように制服でビシッととはいかない。インターホンでもほとんど何を言ったか聞き取れなかったし、嫌々持って来てやったよっていう感じで、「ありがとうございました」とも言ったか言わないか。配達員のクオリティーには問題があるかもしれない。

 

しかし、これは楽だ。間もなく梅雨を迎えて、体調が悪い時などは便利だ。あまり多用すると運動不足になるから、節度を持って利用しよう。

 

f:id:maddepression:20180530114650p:plain