躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

原油連動ETF(上場投資信託)のデイトレード

 

最近原油の値動きが激しい。イラン、ベネズエラ情勢を受けて原油価格が上昇、WTIがしばらく70ドルを超えていたが、週末にサウジとロシアが増産するというニュースが出て価格が66ドル台まで急落した。但し、サウジとロシアの協調だけではOPECは動かないとの見方も出て、きょうの日中は方向感を失ったべた凪状態。

 

最近ちょくちょくやっているのが、東京証券取引所に上場されている原油連動ETFの日中売買だ。非上場の投資信託とは違って、ETFは株式のように取引時間内であれば1日何回も売ったり買ったりできる。WTI先物時間外取引の推移を同時進行で見ながら、上がり下がりの基調がはっきりしていると思えば買い付けて、同日中に売却して小遣いを稼いでいる。こんなみみっちい資産運用は聞いたこともないでしょ。

 

きょうは先物価格下落のトレンドを見て、ETFのベア(原油価格が下がれば投信の基準価格が上がるもの、NN原油ベアETN(2039))を朝一番で買い付け、午後早いうちに売却した。実現損益4万円のプラス。

 

市況の見通しに自信があればもっと長い期間保有しても良いのだが、原油市場は実需資金よりも遥かに大きな投機マネーが入ったり出たりして、価格の変動が非常に激しい。長い目で見れば経済成長に連動して右肩上がりになる株式とは違い、原油は売り時を逸したら大きな損失が出る。WTI原油先物は日本の夜のうちに大きく価格が動くので、寝ている間に大損するような事態は避けたいから、宵越しのポジションはなるべく持たない。

 

今月は4回取引をして、1回は小さく負けたが、通算損益は10万円のプラス。神経を使う割には10万円って小さい気がするが、いまの低金利下では1億円を1年間ネット定期預金に入れても利息は10万円。

 

パチンコのような博打感覚でやってはいけない。1日3万円儲けたら、などと考えてはいけない。あくまでも基調がはっきりしている時だけやる。

 

f:id:maddepression:20180530113704j:plain