躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

唖然!UberEATS トラブル

 

先日UberEATSを評価する記事を書いたばかりだが、早速大トラブルが起きた。

 

きょうの病院の夕食は私の嫌いな豆腐ハンバーグだったので、 餃子の出前を頼んだ。アプリで選択した注文は受け付けられ、調理中になり、配送中になった。あと3分で到着することになっていたその時、ステータスが突然「配送完了」に変わった。餃子がまだ届いていないにもかかわらずである。慌てた。餃子は?お金は?

 

「配送完了」になると、「連絡」ボタンが表示されなくなり、ドライバーとの連絡は取れなくなる。「お問い合わせ」ボタンからUberEATSのサポートセンターに問題を報告した。

 

次のようなメールが来た。

 

注文が届きませんでした
 
(削除)様
 
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
Uber Eatsサポートセンターでございます。
 
本日は配逹パートナーのご用意が不十分のため、ご注文をお届けする事が出来なかったことを深くお詫びを申し上げます。
理由としては配達パートナーが勝手に注文完了とし次の配達に向かってしまったためキャンセルをせざるを得ない状況となりました。
 
この度のご注文につきましては、すでに全額返金させていただきましたのでご確認よろしくお願いいたします。
更新された領収書をお送りしましたが、反映されるまで3営業日ほどかかる場合がございますことをご了承お願い致します。
 
また、お詫びといたしまして500円分のプロモーションコードをアカウントに付与させていただきました。
是非、Uber Eatsをご利用いただけますと幸いです。
 
他にご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともUber Eatsをよろしくお願い致します。
 
2018年5月30日水曜日 10時21分45秒 日にhuminori s.から送信
このメールに返信するか、Uber アプリのヘルプに移動して、やりとりを続ける。

 

「配送パートナーが勝手に注文完了として次の配送に向かってしまった」?

 

考えられない事態ではないか。空腹を抱えブチ切れそうになったが、まずは冷静に代わりの出前を頼んだ。

 

緩〜いアルバイト契約で配送パートナーを雇っているからこういうことも起きるのだろう。次のメールで、「今後改善に努めてまいりますので、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます」と言って来たが、果たして緩〜いアルバイト契約に基づいて改善を図るのは難しいような気がする。Uberのタクシーの方でも、ドライバーの側がキャンセルを申し入れてくるケースがあると聞く。新興のシェアリングエコノミー、UberEATSは配送パートナーを客と店がシェアする形になっているのだが、こうした事故も起こり得ると考えておいた方が良さそうだ。

 

お金は損はしなかったこと、次に来た配送のお兄さんは笑顔が爽やかだったこと、代替品の餃子がそこそこ美味しかったことで取り敢えず怒りは醒めた。

 

UberEATSの評価を「ニュートラル」から「アンダーウエイト」に変更した。