躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

お得を求める思索は続く

 

メリカリに鉄道模型Nゲージのパーツを3品出品したら、閲覧数と貰える「いいね!」の数がハンパない。今まで日用品を3回販売したが、「いいね!」なんか貰ったことがなかった。鉄道ファンは熱いんだなあと感じる次第。Bidが1件来ているが、まだ成約はしていない。値下げして売ろうかどうしようか。

 

Tポイントを使って冷感接触寝具Nクールの枕カバーを追加購入した。洗濯予備だ。Nクールの枕カバー、頭が冷えて気持ちが良い。夏用の冷却効果が高い面と、春・秋用の冷却効果がマイルドな面があるが、春・秋用の面で冬も使えるものかどうか試してみよう。頭は常に冷やしておきたいところだから、意外といけるかもしれない。

 

病院で自動販売機で飲み物を買う時、電子マネーiDを使うことにした。どうせお金を使うならポイントを貰う作戦だ。

 

三井LOOPカードの審査に通った。マンションの管理費の支払いをカード決済にしてポイントを貯めようと思い立った。三井不動産の分譲物件に住む人だけが持てるカードなので、申し込む時点で一定の資産審査が終わっているようなものだが、クレジットカードの新規申請で今月2件の審査落ちがあったので、まあいいか落ちてもと思いながら申し込んだ。年会費は無料。マンションの管理費は恐らく一生涯支払っていくものなので、少しでもお得を取りたいものだ。地味にポイントを稼いでマイルにしよう。

 

トルコの大統領選挙、エルドアン氏が再選された。トルコリラ債投信保有者としては、リラがこれほど暴落してもまだ利下げを主張し中央銀行への統制を強めたいと宣うエルドアン氏が下野することを期待したのだが、そうはいかなかった。政権の安定を歓迎していまのところ一応リラが反発しているが、これでリラの信任回復は寧ろ遠のいた気がする。当たり前の話だが、政権は外国人投資家目線で政策を進めるものではない。ことトルコはシリアに隣接しイスラエル、ロシアにも地理的に近く、地政学リスクが満載だ。経済よりも治安が保たれることの方が国民にとって大切なはずだ。エルドアン大統領の再選は、強権政治でも治安の維持に期待する国民の選択だったのだろう。トルコの政治的、経済的安定を長い目で見守ろう。

 

楽天証券では投資信託保有残高に合わせてポイントが貯まり、そのポイントを使って100円から積立投資ができることがわかった。eMAXIS Slimでも買おうかと思っている。

 

楽天証券の口座と楽天銀行の口座を連繋させると、楽天銀行普通預金金利が年0.1%になることがわかった。年0.1%の普通預金など他にはない。都市銀行の50倍だ。退職金プラン特別定期預金の金利だって3ヶ月物で年0.8%ぐらいなものだし、最近利率が突出しているオーストラリアのANZ銀行の3ヶ月定期キャンペーンだって預金保険の対象外で年1.1%だ。楽天のこのマネーブリッジはあくまで銀行商品なので預金保護の対象にもなる。これを使った場合、他の銀行との資金のやり取りがどうなるのか、つまり他行とのリアルタイム入出金が引き続き使えるのかどうかが若干気に掛かっているが、使ってみる検討に入る。

 

大和証券の口座開設を申請した。IPOに使う予定。流石にポイントや現金を貰える口座開設キャンペーンは無かった。

 

肝心のIPOはなかなか当たらない。落選の山を築いている。IPOは宝くじのようなものだとどこかに書いてあった。「愚か者に課される税金」と言われる本物の宝くじとは違い、IPOは無料で参加できるが、当選確率は相当低いようだ。マメに応募して当選を気長に待とう。お金が減っていくのをただ黙って眺めているより、リスクを抑えながら何かに挑戦した方がいいでしょ。

 

f:id:maddepression:20180625190002j:plain