躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

メルカリに切なさを感じた

 

メリカリって、売れそうにないものがあっさり売れたりする。5本指靴下、寝ぐせ直しウォーター詰替用、尿もれパッドが意外にあっさり売れた。逆に、これはすぐに売れるだろうと思っていたゴルフボールがなかなか売れない。

 

鉄道模型Nゲージも、なかなか売れないだろうと思っていたパワーパック(交流電源を直流電源に転換する装置)が真っ先に売れた。レールセットと駅ホームはまだ売れていない。希少性のあるものの方が良く売れるということかもしれない。

 

パワーパックは元々の買値が9,000円だった。メルカリに7,000円で出品した。5,000円にしてもらえないかというメッセージが来た。まあそれでも良かったのだが、送料分は上乗せさせてもらおうと思い5,800円で如何ですかと返した。「ご無理お願いして申し訳なかったです。今回は、少し検討させて頂きます。」と答えが来た。子供だったのかもしれない。5,000円ならお小遣いで買えるのに800円が出せないということだったのかもしれない。胸が痛んだ。

 

程なく、別の人からその値段なら買わせて欲しいというメッセージが来た。但し、「7月2日まで取り置いていただくことは無理でしょうか?」と書いてあった。お取り置きさせていただきます、と答えたが、取り置きの意味がわからなかった。発送スケジュールなら指示に従うのだが、どうも7月2日まで注文が入れられないらしい。7月2日までお金が払えないという意味のようだ。

 

いろいろな事情の方がいらっしゃる訳だ。企業相手の営業しか経験していなかったから、アプリ越しに個人のお客さんの事情を想像するに胸が痛む。最初に5,000円にしてくれないかと言って来た方に800円の意地悪をしてしまって申し訳ないような気がしたし、7月2日にお金を払うから取り置いてくれと言う方の事情も切ないかもしれない。

 

中古品を好きな値段で売る行為にもストレスを感じた。

 

f:id:maddepression:20180626184550j:plain

ネットオークション