躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

ハピタスの「無効」判定にチャレンジ

 

6月3日にポイントサイト「ハピタス」に登録して以来、6月中に11,631ポイント(9,421ANAマイル相当)を獲得した。これは広告利用が「有効」と判断された分で、判定待ちがまだ7,107ポイント分残っている。陸マイラー活動はまずまずの滑り出しだろう。

 

ところが、1件、納得のいかない「無効」判定があった。証券口座開設と5万円の入金がポイント付与条件なのだが、両方をクリアしたにもかかわらず「無効」と判断されたのだ。多めに10万円を入金し、念のためまだ出金していないのにもかかわらずだ。

 

早速ハピタスに「お問い合わせ」することにした。ウェブサイトで所定のフォームに必要事項を入力して送信するのだが、しかし、広告を利用した時に使用したメールアドレス、条件達成の日付を入れなければならず、広告利用時に受信したメールも添付しなければならなかった。メールをゴミ箱で探したり、銀行口座の振込履歴を調べてなんとか問い合わせに漕ぎ着けたが、これはまた結構大変だった。

 

ポイントがちゃんと付与されるまでメールを捨ててはいけないということだ。

 

口座開設、入金案件なので、お金を使ったのにポイントが付かず損をしたというわけではないが、3,500ポイントが貰えるかどうか、初めてのチャレンジだ。レプレイ検証だ。再判定に期待したい。

 

 

躁転して眠れない日々が続いている。4時間睡眠がデフォルトになっている。やりたいことを精力的にこなしているが、集中力が切れてきたかもしれない。やることをセーブしながら、ひとつひとつ丁寧にやるべきなのだが、コントロールが効かないのが病状。困ったものだ。

 

f:id:maddepression:20180630181035p:plain

ハピタスの「お問い合わせ」フォーム