躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

アクアフィールド芝公園

 

アクアフィールド芝公園の屋外プールに行ってきた。午前中の太陽とそよ風は気持ち良かった。港区の施設で2時間、600円。冬はフットサル場、夏は50mプールになる。本格的な良いプールだ。

 

去年の冬から今年にかけて、左肩に石灰沈着性腱板炎を患った。肩の使いすぎで石灰が溜まって激痛が発生した。2〜3ヶ月だったか、3〜4ヶ月だったか、痛みは次第に治まったが、まだ肩の回りが良くない。引っ掛かる感じがする。

 

ところがだ。左肩を気にしながら泳ぐと、クロールで50mの長水路が楽に泳げるようになった。25mプールを短水路という。25m毎に壁を蹴ることができるので、比較的楽に泳げ、タイムも速くなる。50mの長水路になると、当たり前だが25m地点で壁は蹴れないから、しっかりした泳力がないと泳ぎ切れない。

 

子供の頃は水泳部で毎日のように1万メートル以上泳いでいたので泳力には自信があったが、大人になるに連れて泳力が落ち、最近は恥ずかしながら50mプールでは真ん中ぐらいから溺れたような泳ぎになっていた。それが、肩の回りが悪いいま、50mを楽に泳げるようになったのだ。

 

不思議なこともあるものだと思った。恐らく肩に異常がない時には身体のどこかに無駄な力が入り、腰が落ちるようなフォームになったから泳ぐのが苦しかったのだ。いまなぜか腰の位置が高い。

 

人間万事塞翁が馬とはこういうことか。人生とは何が最終的に良くて、何が最終的に良くないのかわからない。幸せを諦めず、現状を受け入れることが大切なのだろうか。

 

f:id:maddepression:20180710173852j:plain