躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

無理して散歩をすれば良いというものでもない

 

去年の12月から取り組んできた懸案に終わりが見えたことで、心理が改善ししばらく体調が良いだろうと思っていたが、なぜか昨夜は5時間ほどしか眠れず、無理して散歩に出掛けたところで具合が悪く倒れそうになり、救急車を呼びたいぐらいだったが地下鉄でなんとか帰り着いたという話。

 

3kmほど歩いて野方ホープというラーメン屋さんに行った。1988年の創業で、私は91〜95年まで足繁く通っていた。既に20年以上が過ぎたが、懐かしい味に昔が思い出された。食にはストーリーがある。たまにそのストーリーが食べたくなるのだなあと思った。

 

ラーメンを食べたら、アイスクリームが食べたくなった。サーティーワンがあったので入ったが、前の客が大量の注文をして、お店のお姐さんがアイスをすくいまくっていて、10分経っても注文ができない状態だったので、店を出た。ところが、どうしてもアイスが食べたくて目の前にあったローソンに入り、「爽」の梨味を食べた。サーティーワンよりは安かったが、Pontaカードがあるからローソンでもポイントが付くからいいやと思って入ってしまい散財につながった。

 

来た道を3km歩いて帰るつもりだったが、頭がボーッとして足が動かず倒れそうになったので、東京メトロという有料地下鉄に乗り、予定外の165円を散財。立っているのも苦痛で、タクシーに乗りたかったが、それは我慢した。

 

午後2時以降、さっきまで寝たきり。いまは少し楽。

 

体が弱い。今更のようだが、一人暮らしが不安になる。