躁うつ病者のサバイバルライフ

双極性障害早期退職者の病苦と不安と幸福

今週もまあまあよく歩いた

 

日曜日 3.1km

月曜日 5.7km

火曜日 7.7km

水曜日 3.5km

木曜日 5.2km

金曜日 5.5km

きょう 4.4km

 

昨日覆面調査モニターに行った鍼灸整骨院にきょうも行ってきた。昨日予約を取らされたのだ。次の予約を取らせる店は嫌いだ。日本人は几帳面だから予約通りに来店するものだという習性を逆手に取ったやり方だ。昨日予約を入れた時点では、後でキャンセルしようと思っていた。しかし、今朝起きたら、足の冷えは解消しており、代わりに好転反応だろう、肩、腰が心地良く痛かった。骨格矯正がかなり効いていると思った。ならばもう一度やって良い状態を定着させようと考えたのだ。

 

心配はお金だった。昨日は実質タダだったが(3,000Gポイントは確かに獲得できた)、きょうは自己負担だ。保険適用のマッサージと、自費診療の整体、足への灸をお願いした。2,900円だった。ギリギリ許容できる値段だ。こちらの懐具合を気にしながら施術を提案してくれる。なかなか良い店だ。効果に期待だ。

 

中国語の家庭教師の話が舞い込んで来た。時給3,600円。やりたくなった。私の中国語はネイティブレベルだ。しかし、逡巡の末、応募を見送った。去年もこの季節、塾講師を始めた。夕方から数時間の仕事だった。しかし、できなかった。冬のうつになると短時間の仕事でも無理だ。苦しんで苦しんで3,600円貰うぐらいなら、3,600円分消費を抑えた方が遥かに楽だ。

 

働こうなんて思ってはいけない。自分を苦しめてはいけない。少ないお金で小さな幸せを求めて生きていくんだ。